美容師の仕事はプライドが大事!

医師確保事業で着服、宮崎県職員を懲戒免職(読売新聞)

 宮崎県は、約222万円を着服したとして、県医療薬務課の長倉秀樹副主幹(46)を5日付で懲戒免職処分とした。

 全額返済したが、県は刑事告発も検討している。

 発表によると、長倉副主幹は県と15市町村が会費を負担している医師確保対策推進協議会の預金口座を管理。2009年8月5日〜11月13日、この口座から計6回にわたって勝手に現金を引き出した。

 着服した金は、消費者金融からの借金返済に充てたほか、競馬や宝くじの購入にも使ったという。推進協の総会前に通帳を確認したところ、未決済の出金があり、発覚した。

 監督責任を問い、福祉保健部長や同課長補佐ら4人も減給10分の1(1〜3か月)の懲戒処分とした。

 東国原英夫知事は「医師確保対策という切実な課題に関する経費の横領で、深くおわびしたい」とのコメントを発表した。

<小沢幹事長>5月訪米を前向きに検討(毎日新聞)
朝青龍は不在、成田山新勝寺で豆まき(読売新聞)
春を呼ぶ勇壮「お燈まつり」 和歌山・新宮の神倉神社(産経新聞)
福岡の贈収賄、贈賄側の前事務局長を逮捕(読売新聞)
<爆窃団事件>香港から捜査員、銀座の貴金属店を視察(毎日新聞)
[PR]
by p6mc3gdjf2 | 2010-02-11 00:44
<< 都内で今年初のスギ花粉(産経新聞) <諫早湾干拓事業>国、県に開門... >>